色エンピツ生涯教育です なにごとも。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
テルマエ・ロマエの人? 20:25
おうちで作を描いたんだよ〜。 と自慢して教室で見せたら、みんなも、先生も 「テルマエ・ロマエの人や」とのたまいました。 ↓
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by mercy -
ドノヴァンもどき 17:58


教室では阿修羅像を描いているところ
授業が月一回になり、来月仕上げることになっているので
一気に仕上げたいのは山々ですが
本日はこれに決めました。
おうちで作はオール自由なので難しい髪の毛は省略。
画像差し替えです。
目線をちょっと。

 
| おうちで作 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by mercy -
黒と白 11:45
スリードッグナイトの歌にも確かあったなあ・・昔。
色鉛筆にしろ、透明水彩にしろ、白と黒は「使わない」のが基本
ところがなぜだか白のパレットに筆の跡が見つかる。
「使っちゃだめじゃないですか〜」
使ってませんけど。
「使ってるじゃないですか、ほら」
おかしいなあ・・・・使ってないのに。
「うそおっしゃい」

こうなったら黒の透明水彩だけ使って描いてやる。
と淡い決意を抱く。
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by mercy -
漁村(一回仕上げ) 09:25

稲垣先生のスケッチ旅行の水彩(ハガキ)を元に拡大模写。
模写というより、個性に合わせて自由に仕上げて良し。
私は個性があまりないのか、ほぼ模写です。
みんなそれぞれでペンタッチから違いがあるんですね。
四角定規で濃く描いたような人もいるし、
「色鉛筆を極めたいので、透明水彩はまだ買いません」と
正々堂々宣言する人
「短時間でデッサンをとれないんですけどコツってないんですか?」
と質問する人など、個性豊かな人たちです。

先生「いい加減なところで始末するというところも必要です
どうでもいいというわけではないですけどね」とかなんとか

私みたいな適当ないい加減さがあればデッサンは早いよ。
 
| 透明水彩 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by mercy -
人物(モデル)二回仕上げ 09:10

ケータイカメラの画像は目をつぶっていたので、
魂を吹き込むようなつもりで目を開いたのに上手く入魂しませんでした。
なんか、どこか、ヘンですか。モウダメ
 
| 油性色エンピツ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by mercy -
挙手アンケートにより 15:19
先生が講師業に縛られるという一身上の都合により
今後の色鉛筆講座をいかに運営すべきかという挙手アンケートが行われました。
その一 先生の都合に合わせるなら、月一の講座になるがそれでも良いか
その二 代わりの先生で(現先生は退く)、これまで通り、月二でやっていくか

全員一致で、月一でも良いので現先生に習いたい。
その代わり、宿題を出すので自宅学習をするように
宿題が嫌ならそれもOK


二回仕上げなら二か月かけるということになりますよ
ということです。

なんか、月謝が半額になるのがうれしかも(!)

前回のモデルさん再び登場です。
今回の衣服はカラーがはっきりしているので色付けは楽かもしれません。
前回はクロッキー帳でデッサンを取り、それを描きなおすのに苦労をしたので
今回はスケッチブックを使用。
写真を参考に細かい部分を描くのが宿題です。


こちらのモデルさんも先生に絵を習っており、お上手らしいです
ですから皆さんの作品を観る目が違います。
 
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by mercy -
Toys 09:00

ケルミンとキャラメルは色鉛筆仲間の余りモノを失敬したもので
孫にでも食べさせてと言われてそのまま持ち帰りましたが
ケルミンをひとつぶ口に運んたと思う間もなく、ゴミ箱にペッしてしまいました。
食べ物が豊富ないまどきの子供の嗜好に合わないようです。
おばあさんも好きではありません。
COKEってコカ・コーラみたいですが、実は、違うんです。
内内しか知らない意味があるんです。
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by mercy -
北海道の風景 08:57
| 油性色エンピツ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by mercy -
先生によって 11:15
先生最近どこかの講師を引き受けて、二回に一回しか来ないので
代わりの先生が教えてくれる。
基礎は同じですが、描き方(攻め方)が全く違うので
喜ぶ人もいれば、翻弄される人(嫌がる人)もやっぱりいる。

いつもの先生なら、全体から部分へ、淡い色から濃い色へを重視するのに
代わりの先生の場合は、全体のデッサンができれば技法優先、
部分から攻めなさいといわれる。
いつものやり方でやっぱり慣れているので、何となく抵抗があって
いうことを聞かずに自分なりの描き方をしてしまうと
まあ、それなりにみて何も言わなかったりもする。
(この人はホットコウ)
筋向いの人は授業が終わり早々と帰る間際に
{聞いてほしいことは山ほどある)と言い残したのでハハーンと思う。

まあとにかく、代わりの先生もいいことを言う。

「こんなむずかしい絵(コピー参考)を描かせるのは無理がありますよね」

その通り!
2回授業で終わるわけがない。
自宅であとサイテー5時間はかかるでしょうね。
そんなこんなで、完成しない絵がどんどんたまっていく。
次回は子供の玩具や人形がテーマ。
玩具なら山ほどあるので、選びたい放題です。
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by mercy -
は だ か 08:53

一回に一体ずつで、二回かけてするところを一回休む。
家で続きをすることにする
描き込みが足らない!って手直しするよう忠告されるだろうけど
次は違う作品に取り掛かるだろうし、自分的にはけじめをつけた。そこそこ。
 
| 鉛筆デッサン | comments(0) | trackbacks(0) | posted by mercy -
<< | 2/18 | >>
web拍手